スポンサーサイト

0
    • 2013.06.07 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    6/13〜16、21〜23 愛知・京都「Bungakuコンプレックス」

    0
      来週末、愛知県の芸文小ホールで
      そして再来週末は京都で芝居します。

      ご都合が合えばぜひお越しください。

      愛知と京都の演出家が、
      共通の舞台美術で芥川龍之介の作品をそれぞれ舞台化します。

      ... わたくし澤村は、
      名古屋の演出家・ニノキノコスター氏が演出する『地獄変』に出演します。
      殿様の役です。

      芸術のためにどんな犠牲をもいとわない偏屈な絵師の物語『地獄変』が、
      ポップで毒のあるエンターテイメント性を持った作品へと昇華します。

      ちなみに京都の作品は名作『羅生門』を日本人とドイツ人の二人芝居でやるとのこと。

      ともに上演時間は1時間弱(あいだに休憩あり)。
      一見の価値ありです。

      ぜひとも!

      愛知県文化振興事業団第315回公演
      AAFリージョナル・シアター2013〜京都と愛知 vol.3〜

      愛知京都演劇プロジェクト

      「Bungakuコンプレックス」

      [原作]

      芥川龍之介 作:『地獄変』『羅生門』

      [構成・演出]
      『地獄変』
      ニノキノコスター(劇作家・演出家/オレンヂスタ/ 愛知
      『羅生門』村川拓也(演出家・映像作家)/京都

      [キャスト]
      『地獄変』
      :岸★正龍(三十六式)、澤村一間(ISP-isp)、浦麗(オレンヂスタ)
           堀江善弘afterimage、上田勇介電光石火一発座、藤村昇太郎(牛乳地獄)
      『羅生門』
      :大石英史、 Anna Milena Quitz


      ◆愛知公演 ————————————————-

      [日程]
      2013年
      613(木) 19:00
        14(金) 14:0019:00
        15(土) 14:0019:00
        16(日) 14:00
      ★公演終了後にニノキノコスター、村川拓也によるポスト・パフォーマンス・トークを開催します。
      ※当公演のチケット又は半券をお持ちの方はご入場いただけます。ただし、満席の場合はお断りする場合がございます。
      ※受付、入場整理券の発行、当日券発売は開演の1時間前。開場は開演の30分前(入場整理券番号順にご入場いただきます)。 ※未就学児の入場は固くお断りいたします。


      [会場]
      愛知県芸術劇場小ホール
      名古屋市東区東桜1-13-2  TEL.052-971-5511
      地下鉄東山線・名城線「栄」駅下車、または、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車、東へ徒歩5分。
      (オアシス21から地下連絡通路または2F連絡橋経由)

      ※愛知芸術文化センター地下にある駐車場は専用駐車場ではありませんので、週末やイベント開催日は混雑いたします。 なるべく公共交通機関をご利用下さい。


      [料金]

      前売一般 2,800円(当日 3,000円)
      前売学生 1,800円 (当日 2,000円)
      ※14日(金)14:00公演のみ、前売一般2,600円(当日2,800円)。
       学生は前売・当日ともに全公演同一料金。
      ※学生券は、愛知芸術文化センター内プレイガイドでのみ取り扱い、要学生証提示。


      ★チケット購入について

      ◆京都公演 ——————————————————-

      [日程]
      2013年
      621(金) 19:00
        22(土) 14:00★/19:00
        23(日) 14:00
      ★公演終了後にニノキノコスター、村川拓也によるポスト・パフォーマンス・トークを開催します。
      ・受付は開演の30分前、開場は同20分前。(入場整理券の番号順にご入場頂きます)
      ・未就学児はご入場頂けません。


      [会場]
      京都芸術センター フリースペース
      京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2 TEL:075-213-1000 FAX:075-213-1004

      電車:
      ・JR「京都駅」から地下鉄烏丸線に乗り換え「四条駅」下車、22・24番出口より徒歩5分。
      ・阪急京都線「烏丸駅」22・24 番出口より徒歩5分。
      ・京阪本線「三条駅」から地下鉄東西線に乗り換え「烏丸御池駅」下車、4番出口より徒歩10分。

      市バス:
      ・「四条烏丸駅」下車、徒歩5分(3、5、201、203、207 系統など)。
      ・駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。


      [料金]
      一般    2,500
      ペアチケット  4,300
      ユース(25歳以下/要証明)1,800
      ※前売・当日とも同料金です
      ※ペアチケットは、チケットを二枚一組で販売するものです


      公式サイト
      http://aichi-kyoto.com/


      クローズ『ソラからのコトバ』

      0
         『ソラからのコトバ〜カワセミのアシタ〜シリーズ』終演しました。


        関係者の皆さん、本当にお世話になりました。
        そしてご覧になった皆さん、本当にありがとうございました。





        音楽とダンスをコラボしたチャリティコンサート。
        役者である自分の役割はナビゲーター。

        このイベントの司会を仰せつかったのでございます。

        丁寧に丁寧に。
        お客さんと同じように楽しむ。

        会場を出てロビーのお客さんを見て、
        自分と同じように素敵な時間を過ごしていたんだな、と実感して、
        ほっこりしてホッとしました。

        ここでの売り上げの一部は、福島の子供たちに寄付されるそうです。

        こういう場では不思議とエネルギーは消費されることなく、
        好循環して充足するから不思議だなぁと感じます。

        「利他」的な空間だったからですかね。



        ちなみにこの写真はリハ―サルの様子。


        馬子にも衣装って感じです(笑)。


        4/13 HITOMIホール「ソラからのコトバ」

        0
          イベントに出演します。

          『ソラからのコトバ〜カワセミのアシタ〜シリーズ』

          日時:2013年4月13日(土) 
           ◆15:00 開演 (14:30 開場)
           ◆17:00 Cafe Time

          会場:HITOMIホール
          (東山線:千種駅5番出口より徒歩約4分)
           http://www.annex.menicon.co.jp/access.html

          料金:3,000円(全席自由席)
          ※5歳以下のお子様は無料です。小さいお子様連れの方もご覧いただけます。


          詳しくは下記のサイト
           http://www.annex.menicon.co.jp/schedule/archives/post-24.html


          音楽とダンスのチャリティーイベント。
          僕はナビゲーター(司会的な役割)として。

          昨日、打ち合わせに行きましたが…

          主宰の沼田眞由みさんのエネルギーが素敵なこと。
          そこに集まるダンサーやミュージシャンの方々も素敵でした。

          なお、このイベントでは
          福島県の子供達の保養キャンプ費に寄付されるとのこと。

          舞台上でお客さんと一緒に、
          癒されつつ楽しみつつ臨んでいこうと思います。


          ぜひぜひ。



          クローズ 烏丸ストロークロック「国道、業火、背高泡立草」

          0

            烏丸ストロークロック3都市ツアー
            「国道、業火、背高泡立草」終演しました。

            関係者の皆さん、本当にお世話になりました。
            そしてご覧になった皆さん、本当にありがとうございました。

            公演の写真→こちらです


            4年前、名古屋で見た短編作品に衝撃を受け、
            3年前、京都で本公演を見て虜となり、

            以来、地元に来るたび足を運んだ京都の劇団「烏丸ストロークロック」。

            まさか出演できるとは、しかも旅公演とは。
            「出てみたい」と言ってみるものだ、とホント思います。

            京都に通いながらの稽古。
            三重での2週間のレジデンス制作。
            伊丹・広島の場に対するアプローチ。

            本当に貴重な経験でした。
            自分の身体の財産にしていこうと思います。


            それにしても3月って本当に季節の変わり目なんですね。


            周りの風景の移ろい方に戸惑いを覚えました。
            さほど冷たくない春の雨が名古屋でも降っています。

            ようやく春になっていたんだな、と実感しています。

            来週末にはイベント出演。
            そして6月の公演の稽古もスタートします。


            作品に貢献できるように、精進して、なおかつ楽しもうと思います。


            多くの出会いに感謝を。


            澤村一間




            3月15日〜31日「烏丸ストロークロック」3都市ツアー

            0

              まだまだ寒いですけれど・・・


              3月は三重県津市から西へ西へ旅公演です。
              本番まであとひと月。いよいよラストスパートです。


              良かったらぜひとも観に来てください!

              ---

              烏丸ストロークロック 津・伊丹・広島 3都市ツアー2013

              『国道、業火、背高泡立草』
               (こくどう、ごうか、せいたかあわだちそう)



              [ 出演 ]

               阪本麻紀
               桑折現
               崎田ゆかり
               澤村一間
               柏木俊彦(第0楽章)
               今井美佐穂(第0楽章)


              [ 脚本・演出 ]

               
              柳沼昭徳

              [ 音楽 ]

               山崎昭典
               中川裕貴(n.o.n、swimm)

              ---

              [ チケット ]

              日時指定・自由席
               [ 前売 ] 一般2,500円 学生以下2,000円[要学生証]
               [ 当日 ] 一般3,000円 学生以下2,500円[要学生証]


              予約フォームはこちらで↓
              http://karasuma69-gouka.blogspot.jp/2013/01/dm.html

              ---

              [ 公演日時 ]

               津公演・・・三重県文化会館 小ホール
               三重県津市一身田上津部田1234 三重県総合文化センター内

               3月15日(金)19:30★
               3月16日(土)14:00/19:00
               3月17日(日)14:00
              ・各公演の★印には終演後アフタートークを開催します。詳細は随時お知らせいたします。
              ・受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です


               伊丹公演・・・AI・HALL
               兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号 

               3月22日(金)19:30
               3月23日(土)14:00/19:00★
               3月24日(日)14:00
              ・各公演の★印には終演後アフタートークを開催します。詳細は随時お知らせいたします。
              ・受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。


               広島公演・・・広島市東区民センター スタジオ2
               広島県広島市東区東蟹屋町10-31

               3月30日(土)14:00/19:00
               3月31日(日)14:00★
              ・各公演の★印には終演後アフタートークを開催します。詳細は随時お知らせいたします。
              ・受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。


              公式ブログ
               http://karasuma69-gouka.blogspot.jp/

              公式WEBサイト
               http://karasuma69.org/

              ---

              京都と名古屋の往復する生活。
              少しずつ慣れてきました。

              知らない土地は歩くに限ります。

              歩いて、見て、聞いて・・・の繰り返し。
              観光地だけでなく街並みを味わうのもいいです。

              別に京都でなくても他の町でも。

              町、のお話です。
              そしてどこにでもあったかのような町のお話です。


              ぜひぜひ、お越しください!


              早めにご予約を。


              澤村一間

              クローズ「DTLvol.7」

              0
                 


                「DTLvol.7」昨日終演しました。

                関係者の皆さん、出演者のみなさん、
                そしてご覧になった皆さんありがとうございました。


                課題戯曲は劇団烏丸ストロークロックの『漂泊の家〜八月、鳩は還るか〜』


                現在、稽古している劇団の大好きな作品。


                ここに最近、自分が日々思うことと、
                戯曲を読んで未消化だった部分をトライしてみました。


                1日たって「あそこをこうしておけば…」とか「ここを…」と、
                頭が今も絶えることなくめぐっています。もう1週間稽古したいな、と。
                演出家を育成するワークショップであるこの企画を楽しめました。


                合評会の意見、アンケートありがとうございます。


                真摯に受けとめます。ただ、アンケートを読みながら
                自分が日々思うことがさらにデカくなりました。


                これは、全編上演する機会を得たら浮かび上がらせたいなと思っています。


                そして、烏丸ストロークロックの新作公演の稽古に復帰します。
                創作のギアが一気に上がっていくでしょう。がんばって行こうと思います。


                最後に。


                岡田和歌冶さんと岡田組の出演者の皆さん、
                作品、すごく面白かったです。
                このホンの魅力を再認識しました。


                そして。


                おぐりまさこさん
                マユズミヨシズミさん
                斉藤じゅんこさん
                宮出貴衣さん
                坪井和広さん
                金川翔さん
                二海堂珠里さん


                僕のプランを舞台化してくれてありがとう!!



                2/17 七ツ寺 「DTLvol.7」

                0
                  Twitterでもこちらでも少し触れていましたが、2月に演出します。


                  “DTL(ディレクターズ・トレーニング・ラボ)”です。


                  七ツ寺共同スタジオが開催する演出家のためのワークショップで、
                  この企画で初めて演出をした思い出深い企画です。

                  2人の演出家を選出し、課題戯曲を基に俳優と一緒に1週間のワークショップ。
                  出来上がった1 シーンをワークインプログレスとして観客の前で発表して
                  上演後、その場で合評会を行い、成果や課題についてディスカッション。

                  課題戯曲は『漂泊の家〜八月、鳩は還るか〜』
                  3月に出演する烏丸ストロークロックの作品です。

                  もう完全に烏丸づくしの2月・3月です。

                  もう一人の演出家は、雲の劇団雨蛙(島根県出雲市)の作・演出、岡田和歌冶さん。
                  けっこうキャリアのある方のようです。

                  勝負事だとは思っていないので、
                  2つの演出作品で1本の戯曲を多角的に浮かび上がらせればいいなと思っています。

                  ワークショップも公開されますので、
                  発表公演ともども足を運んで欲しいなと思っています。

                  よろしくです。

                  -----

                  【日時】

                   2013年2月17日(日) 17:00〜 (開場は30分前)

                  【会場】

                   七ツ寺共同スタジオ
                   愛知県名古屋市中区大須2丁目27-20
                   (地下鉄鶴舞線「大須観音駅」下車 2番出口徒歩5分)
                   (地下鉄名城線「上前津駅」下車 8番出口徒歩6分)

                  【上演協力金 】  1,500 円
                  ※ワークショップ見学者は 500円 にてプログレス公演をご覧頂けます。

                  【課題戯曲】

                   柳沼昭徳(烏丸ストロークロック) 作 『漂泊の家〜八月、鳩は還るか〜』より


                  【演出家】

                   岡田和歌冶(雲の劇団雨蛙)
                   澤村一間(ISP-isp)


                  ▼CAST(澤村一間)
                  おぐりまさこ(DTL登録俳優)
                  マユズミヨシズミ
                  斉藤じゅんこ(nana-ha)
                  坪井和広(猫足ウィローズ)
                  宮出貴衣(虚構オメガ)
                  金川翔
                  二海堂珠里

                  ▼ワークショップ日程・2月
                  11 日(月)15:30-18:00@アクテノン小練習室1
                  13 日(水)18:00-22:00@七ツ寺
                  14 日(木)18:00-21:30@七ツ寺
                  15 日(金)18:30-21:30@アクテノン和室
                  16 日(土)17:00-22:00@七ツ寺


                  公式サイト
                  http://nanatsudera.org/archives/472.html

                  -----

                  それにしてもすごいメンバーが揃ったなぁ。


                  3月出演!3都市ツアー「国道、業火、背高泡立草」

                  0

                    3月は名古屋から西へ西へ旅公演です。

                    今月中にチケットを予約すると限定ですが、
                    早割として500円引きになるそうです。

                    ぜひぜひ、未定を予定にして(笑)お願いします。

                    ---

                    烏丸ストロークロック 津・伊丹・広島 3都市ツアー2013

                    『国道、業火、背高泡立草』
                     (こくどう、ごうか、せいたかあわだちそう)



                    [ 出演 ]

                     阪本麻紀
                     桑折現
                     崎田ゆかり
                     澤村一間
                     柏木俊彦(第0楽章)
                     今井美佐穂(第0楽章)


                    [ 脚本・演出 ]

                     
                    柳沼昭徳

                    [ 音楽 ]

                     山崎昭典
                     中川裕貴(n.o.n、swimm)

                    ---

                    [ チケット ]

                    日時指定・自由席
                     [ 前売 ] 一般2,500円 学生以下2,000円[要学生証]
                     [ 当日 ] 一般3,000円 学生以下2,500円[要学生証]


                    現在、1月31日まで限定早割りチケット受付中!

                     一般2,500円→
                    2,000円
                     学生以下2,000円→1,500円

                    予約フォームはこちらで↓
                    http://karasuma69-gouka.blogspot.jp/2013/01/dm.html

                    ---

                    [ 公演日時 ]

                     津公演・・・三重県文化会館 小ホール
                     三重県津市一身田上津部田1234 三重県総合文化センター内

                     3月15日(金)19:30★
                     3月16日(土)14:00/19:00
                     3月17日(日)14:00
                    ・各公演の★印には終演後アフタートークを開催します。詳細は随時お知らせいたします。
                    ・受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です


                     伊丹公演・・・AI・HALL
                     兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号 

                     3月22日(金)19:30
                     3月23日(土)14:00/19:00★
                     3月24日(日)14:00
                    ・各公演の★印には終演後アフタートークを開催します。詳細は随時お知らせいたします。
                    ・受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。


                     広島公演・・・広島市東区民センター スタジオ2
                     広島県広島市東区東蟹屋町10-31

                     3月30日(土)14:00/19:00
                     3月31日(日)14:00★
                    ・各公演の★印には終演後アフタートークを開催します。詳細は随時お知らせいたします。
                    ・受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。


                    公式ブログ
                     http://karasuma69-gouka.blogspot.jp/

                    公式WEBサイト
                     http://karasuma69.org/

                    ---

                    京都の劇団「烏丸ストロークロック」
                    好きな世界観、願わくば出てみたかった劇団。

                    「願えば叶う」ことも本当にあるんだなと思いました。

                    そしていよいよ…いや、ようやく
                    先週から京都と名古屋を往復する生活が始まりました。


                     とんでもなく素晴らしい座組と出会ってしまった


                    これが稽古初日の感想です。
                    足を引っ張らないように食らいついて行こうと思います。


                    ぜひぜひ、お越しください!


                    そして、今月中に早めのご予約を!


                    澤村一間


                    クローズ「ミソゲキ2012」

                    0

                      ずいぶん遅くなってしましましたが・・・


                      「ミソゲキ2012」が昨年末に終演しました。
                      関係者の皆さん、そしてご覧になった皆さんありがとうございました。



                      芥川龍之介の「蜜柑」。

                      僕はこの上演が縁で出合ったのですが、
                      冬を題材にした心温まる話です。

                      アンケートに「好きな作品です」と書いている人が予想以上にいて驚きました。

                      ゆっくり読んでも20分くらいの短編小説です。
                      青空文庫でも読めますのでぜひとも。



                      その「蜜柑」を一人芝居・・・というより独りで語りました。

                      1公演に5団体が20分上演するミソゲキ。
                      各団体の感想が書けるアンケート用紙を見てると、
                      その日の出来不出来が如実に出ます。

                      興味を持ってもらえれば(良くも悪くも)書いてくるし、
                      そうでなければ書いてはくれない。

                      本を選んだのも演出したのも自分。
                      演じたのも自分だから返ってくる反応はダイレクト。

                      正直、至らなかった。努力不足。悔しい。



                      それを裏返すと得るものも多かったです。

                      特に俳優として「相手に語り・伝えること」とは
                      どういうことかを改めて考えるキッカケとなりました。

                      また、こういった文学作品を上演することは、
                      単なる紹介で終わらせるのはとてももったいない。

                      物語と対称になる共感以上の世界観を自分に持ち、
                      それを丁寧に紡ぎ合わせたモノを創りあげたいな、と。

                      これは2月のDTL、そして3月の烏丸ストロークロックで
                      生かして行こうと思ってます(後日、今後の予定を紹介します)。



                      ゲネではありますが、他の9団体も見ることができました。

                      出た人間が言うのもアレですが演劇のショーケースとしては
                      バラエティ豊かなラインナップだったんじゃないでしょうか?

                      特に県外の3団体はすごかった。
                      作品の質もさることながら俳優の立ち姿。

                      これは本当に見習いたい。



                      『私はこの時始めて、云ひやうのない疲労と倦怠とを、
                      さうして又不可解な、下等な、退屈な人生を僅に忘れる事が出来たのである。』

                      「蜜柑の」結びの一文です。
                      実に芥川龍之介らしくて好きです。

                      観る人にそんな心持ちを味わってもらえるように今後の活動に励んでいきたいと思います。


                      澤村一間





                      2013

                      0

                        本年も澤村一間をよろしくお願いいたします。




                        calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>
                        PR
                        twitter



                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM